古川学園中学校

卒業生の声 Voices

目標を達成した先輩たち

目標を達成した先輩に、古川学園の魅力についてお話をうかがいました。

工学部

集中力を高め、切磋琢磨した日々。
古学で得たものは大きいです。

東北大学 工学部電気情報物理工学科 1年

K.S さん (加賀野小学校出身)

大学生になって大幅に自由度はあがりましたが、しっかり学校に行き、授業に集中するという古川学園中学校・高校で身につけた習慣は健在です。また、勉強内容を先取りして学んだり、切磋琢磨の精神を中学生のうちから養えたのは、古学だからできたことだと思います。この経験を基盤に、大学で専門知識を学び、将来はプログラミングやソフト開発の仕事に就きたいと考えています。

医学部

古学で生涯の友人と出会い、
壁を乗り越える術(すべ)を習得。

山形大学 医学部医学科 1年

K.S さん (志波姫小学校出身)

古川学園では、大学受験のための土台をしっかり築くことができましたし、生涯の友人ができたのも、古学を選んで良かった点です。また、壁にぶつかったときに解決策を考え、乗り越える方法を学び、それらのすべてが、いまの私の力になっています。こうして夢への一歩を踏み出したいま、患者さんの支えとなりながら、一緒にがんばっていけるような医師を目指していきたいと思います。

医学部

夢をかなえるための道を示してくれたのは先生でした。

東京大学 医学部 3年

H.S さん(志波姫小学校出身)

医学の道に進みたい、そう思ったのは歯科医師である父の影響でした。古川学園のいつも本気で熱心な先生たちは、医療の現場よりも医学分野の研究者となり、新たな病気の治療法などを追究したいという私の夢を一緒になって考えてくれて、「研究者志望なら東大を目指すべきだ!」と後押ししてくれました。目指す大学に進学したいま、改めて自分はここに進んで良かったと思っています。

文学部

授業を通して興味の幅を広げてもらいました。

東京大学 文学部 3年

R.S さん(鴬沢小学校出身)

大学の授業を受けていると、「この話は中学時代に先生が言っていたことだ」と思い出す場面に何度も出会います。日本で一番いい大学に入れたらかっこいいな、そんな思いで東京大学への進学を目指し、目標をかなえられたのは、先生たちの熱心かつ的確な指導と、切磋琢磨できる仲間がいたから。自分がやりたいことは何か、じっくり考えることができて後悔のない進路を選ぶことができました。

工学部

目標を達成する喜びを味わいました。

東北大学 工学部 2年

K.I さん(古川第一小学校出身)

中・高の6年間を通して、目標を達成することの喜びを味わうことができました。現在、新しい環境で多くの壁に直面しても、逃げずに苦労して乗り越えようと思えるのは、その経験が大きく影響していると思います。中学時代は、クラスメイトたちが皆、学力を高めるために勉強するという同じ目的意識を持った仲間として、お互いに高め合えたことが大きな魅力だったと思います。

農学部

前進するための「忍耐力」が身につきました。

東北大学 農学部 2年

K.S さん(畑岡小学校出身)

古川学園で身についたことはたくさんありますが、1つ挙げるとすれば「忍耐」でしょうか。大学生になり、「大変だな」と思うこともありますが、古学時代に「これを終わらせることができるのだろうか…」と思うような課題にも全力で取り組んだことで、忍耐力が身についたのではないかと思います。将来は研究をするような仕事に就けたらと思っていますが、これからじっくり考えたいと思います。

古川学園Furukawa Gakuen