古川学園中学校

学校の特色 Feature of the School

古川学園中学校には、
心を育てる教育があります。

夢に向かって友人たちと切磋琢磨しながら進む6年間。それを先生が保護者の方々と連携しながら全力でサポートする。
それが本校のスタイルであり、誇りでもあります。このような環境の中で、生徒たちは努力することの大切さ、思いやりの心を育んでいます。

1希望する大学に入るための
もとになる学力が身につきます。

土曜日に授業を行ったり、平日の放課後を使って、英語と数学は標準的な時間数の約1.5倍、国語は1.45倍の授業を行っています。

在校生の声

授業が楽しく、勉強が
好きになりました。

3年 佐藤 宏哉さん(古川第二小学校出身)

入学前の事前講習で数学の授業を受けてみたら、とても分かりやすかったんです。それがきっかけで古学に入りました。やはり授業は楽しく、勉強が好きになりました。

2無理なく学習習慣が
身につきます。

学習の理解度を確認しながら、次のステップに進みます。「わかる」ことは勉強が楽しくなるコツ。無理なく、学習習慣を身につけることができます。

保護者の声

毎日の積み重ねで、
「やる気」を醸成。

2年 浅田 紗希さんの母親 浅田 祥子さん

1年生の後半から、予習も取り入れた勉強ができるようになっていました。お互いを高め合える友人に出会えたこと、指導していただいている先生方に感謝しています。

3一人ひとりの気持ちを
大切にします。

教師が一人ひとりに気配りができるのは私立中学校ならではの良い点。ご家庭の協力をいただきながら、生徒のいまと将来を考えた取り組みを行っています。

先生の声

生徒たちの様子を
伝えるようにしています。

理科担当 霜田 兼治先生

「学年通信」や「学級だより」などをはじめ、日ごろの電話連絡などにより、学校での生徒の様子がご家庭に届くようにしていきたいといつも心がけています。

4思いやりなどの豊かな人間性、
心ある頭脳が育ちます。

同じ目標を持った仲間と、心をひとつにして取り組む30km強歩や海外語学研修。本校には、そんな行事がたくさんあります。それらを通してお互いを思う心、協力することの大切さを学んでいます。勉強ができるというだけではない、やさしい心を持った「心ある頭脳」が育っています。

30km強歩

5月に開催される「強歩大会」。2人1組でともに励まし合いながら、30km先のゴールをめざします。

海外語学研修

3年生の希望者が参加するオーストラリアでの語学研修。異文化を肌で感じ、語学力と教養をみがきます。

地域との交流

家庭科の授業の一環として、地域の幼稚園訪問を行っています。子どもたちが楽しめる遊びを考えることを通して主体性を育みます。

古川学園Furukawa Gakuen