古川学園中学校

中高一貫校 Integrated Schools

夢をかなえる
教育と実績があります

本校の6年間は、夢をかなえるために必要な能力を育む時間です。
これまで、多くの生徒たちが難関大学への進学というかたちで「夢」をかなえてきました。

目指す学校像
1学力向上を保証する学校

〜きめ細かい指導と個に応じた指導の展開〜

2生徒が安心して生活できる安全・安心な学校

〜心の居場所のある学級づくりの推進〜

3生徒が生き甲斐を持てる学校

〜成就感・達成感を味わえる学習活動の展開〜

4自分のよさを見つけ、他のよさを認め、磨き合える学校

〜個に応じた教育活動の展開〜

「6年」という時間をかけて、
真の学力を身につけ、育てます。

中高一貫校のメリット

1高校受験がないことで、
さまざまな「ゆとり」が生まれます。

高校受験が無いので、時間にも心にもゆとりをもって高校での学びを念頭においた学習ができます。そのためのより効果的なカリキュラム構成をしています。

2中学校での日々の学びが、
高校進学コースにつながっています。

火曜から土曜まで「デイリーテスト」という小テストを実施。月曜日は1週間で習ったことが身についているかをチェックする仕上げのテストを行います。この学習システムを高校3年生まで継続することで、切れ目のない“確実な学び”を実現します。

3高校の先輩たちとの交流も盛ん。
「集団の力」によって成長できます。

時間的なゆとりがある分、学校行事が多いのも特色です。体育祭や学園祭、30km強歩(高校生は50km)などの中学生・高校生が協力して開催する行事では、先輩・後輩たちと集団活動を体験でき、社会性やコミュニケーション力を身につける良い機会となっています。

4学習内容の理解が学校で完結するので、
時間もお金もムダにしません。

学習したことをきちんと理解し、基礎学力の徹底を図るために、「学校の授業」→「自宅学習」→「補習・質問」のサイクルを確立できるように工夫しています。従って、塾に通う必要がありません。6年間、ムダな時間も費用もかけることなく、着実に学力が向上する教育環境が整っています。

6年間の成果が確かな実績につながっています。

着実に伸びる、育てる学びのステップ

本校には6年間という時間をかけて学力を高め、豊かな心を育てる学びと体験ができる環境があります。この6年間を2年ごと3つのステップに分け、確実に目的を達成し、夢をかなえています。

「わからないところをそのままにしない」授業により、「わかる喜び」を実感することで、学習習慣がより早く身につきます。大学入試だけではない教養と、理解する力を養う期間です。

中学1年
学習習慣を
身につけることが大切 !!

あまり家で勉強をしなかった私も、中学生になって宿題をしっかりやるようになり、いつの間にか自宅で学習することがあたり前になりました。

中学2年
勉強のペースを
つかんだ時期。

2年生になって勉強することに慣れ、肩の力が抜けてきた時期。定期試験の前からきちんと計画を立て、復習に力を入れました。

6年間の教育の基本は「理解」。一貫教育には「1年生のときに2年生の教科書の内容まで勉強する」といった、“先どり学習”を行うイメージがありますが、本校では多くの時間をかけて、まず各教科でいろいろなことを勉強し、社会で役立つ真の学力を身につけることを目指します。

中学3年
先輩に刺激をもらい、
やる気がアップ!

高校生と合同の勉強合宿に参加。自習中に聞こえてきた先輩たちの志望校の宣誓に大きな刺激をもらい、「私もがんばろう!」と思いました。

高校1年
勉強することが
楽しくなりました。

自宅学習を継続してきたことで、勉強への集中力も高まった時期。また、その成果が実感できるので、勉強することが楽しくなりました。

大学受験を意識して、本校進学コースの卒業生たちが行ってきた勉強方法をもとに、さらに、そのときに必要な受験対策を行います。合格に十分な学力を完成させながら、目標を達成できる心の強さも育成します。

高校2年
大学入試を意識した
勉強に切り替えました。

3年生になって、受験対策にあてられる時間がこんなにたっぷり取れるとは思っていませんでした。これも中高一貫校の古学ならでは。いまは化粧品会社などの研究職に就くという夢に向かって、日々、がんばっています。

高校3年
受験対策

(高校3年の1年間)

5年間で英・数・国の主要3教科を終了。高校3年次は大学受験に備えます。

主な進路状況

1期生〜3期生 国公立大学合格者数〔79名〕

古川学園Furukawa Gakuen